2011年04月22日

児童数

平成23年4月22日現在

1年 男9 女11 計20
2年 男7 女13 計20
3年 男10 女8 計18
4年 男14 女19 計33
5年 男12 女15 計27
6年 男14 女7 計21
アカシア 男1   計1


合計 140名


posted by 小泊管理人 at 09:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学校の概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

職員一覧

校長     向後正樹  
教頭     鈴木直人  
1年担任   北澤奈緒子 研修部
2年担任   中島谷奏子 生徒指導部
3年担任   岡田節孝  生徒指導部
4年担任   齋藤幸雄  保健安全部
5年担任   齊藤光正  研修主任 
6年担任   三上恵子  生徒指導主任
アカシア   藤田晴美  保健主事 特別支援コーディネーター
TT     成田彩子  研修部
教務主任   前多昌顕  教務部
養護教諭   斎藤秀子
主任栄養士  橋本恵美子 給食センター勤務
総括事務主幹 太田富貴子
生活支援   永坂眞澄
posted by 小泊管理人 at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学校の概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

学校経営方針(平成23年)

校長.jpg

1 基本方針
 人間尊重の精神に基づき、一人一人の児童を大切にしながら、主体的に生き抜く力を確実に育み、家庭や地域から信頼される教育活動の推進に努める。
〜心の教育の充実と確かな学力の育成〜
(1)子どもの視点に降り、引き上げる教育の推進
どの子もかけがえのない存在であり、学校・学級の主人公であるとという認識に立ち、社会的自己実現を支援・指導する姿勢で教育活動を推進し、学校生活に充実感を持てるよう努める。
(2)学力と成長保障に責任をもつ教育の推進
「教育は人づくり」という原点に立ち、生きる力を身につけさせると共に、「分かる喜び」「できる楽しさ」を体験できる授業の実践に努め、確かな学力の育成を図る。
(3)協働と創造の運営
職員一人一人が「自分の学校」という認識に立って、それぞれが個性・特性を生かし、創意工夫を凝らし、協働で学校運営に努める。

2 学校課題
(1)基礎的・基本的な内容をしっかり身につけ、新しい学習にその力を生かし、進んで学んでいこうとする子どもを育てる。
(2)お互いの良さを認め尊重し、共に生きようとする意欲と実践力のある子どもを育てる。
(3)健康や安全に気をつけ、困難なことも乗り越えていこうとするたくましい子どもを育てる。

3 教育目標
すすんで学ぶ子
こころ豊かな子
明るくたくましい子

4 努力目標
めあてを持って学ぶ子
思いやりのある子
運動に親しむ子

5 めざす学校像・子ども像・教師像
(1)学校像
子ども一人一人が生き生きと輝く学校
地域から信頼され、地域に親しまれる学校
(2)子ども像
自ら学ぶ意欲を持ち、主体的に行動できる子
温かな心情を持ち、確かな人間関係を作ることのできる子
(3)教師像
教職に対する強い情熱を持つ教師
教育の専門職としての確かな力量のある教師
総合的な人間力を有する教師

6 経営の重点
(1)学級経営の充実
子ども一人一人を見つめ、児童相互の関わり合いを大切にし、一人一人の特性を伸ばす、創意工夫ある経営に努める。
児童と児童、教師と児童の信頼関係を構築し、共感的な人間関係の育成に努める。
(2)心の教育の充実
教育活動全体を通して、豊かな心の育成に努める。
「道徳の時間」を確保し、指導すべき項目を確実に指導する。
(3)授業の充実
子ども一人一人が課題を持って取り組み、確かな学力が定着できるよう授業の充実に努める。
指導のねらいを明確にし、個に応じたきめ細かな指導に努める。
(4)研修の充実
授業は教師の生命である。めざす子ども像の実現や指導力の向上のために、計画的・積極的な研修の推進に努める。
(5)生徒指導の充実
子ども一人一人が社会的自己実現ができるよう、家庭や地域と連携を図りながら、全校体制で心の結びつきを基調とした指導に努める。
日常の観察や教育相談等により、児童の内面理解を深め、積極的な生徒指導に努める。
(6)特別支援教育の充実
自立・社会参加ができるよう、通常学級との積極的な交流など、全校体制で支援に努める。
(7)学校・家庭・地域との連携の充実
「ともに育てる」視点に立ち、「開かれた学校づくり」に努める。
posted by 小泊管理人 at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学校の概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

学校経営方針(22年度)

sIMG_2261.jpg
1 基本方針
人間尊重の精神に基づき、一人一人を大切にしながら、主体的に生き抜く力を確実に育み、、家庭や地域から信頼される教育活動の推進に努める。
 〜確かな学力の育成と心の教育の充実〜
(1)子ども中心主義
どの子もかけがえのない存在であり、学校・学級の主人公であるとの認識に立ち、自己実現を支援する姿勢で教育活動を推進し、学校生活に充実感を持てるよう努める。
(2)学力・成長保障
「教育は人づくり」という原点に立ち、生きる力を身につけさせると共に、「分かる喜び」「できる楽しさ」を体験できる授業に努め、確かな学力の育成を図る。
(3)協働と創造の運営
職員一人一人が「自分の学校」という認識に立って、それぞれが個性・特性を生かし、創意工夫を凝らし、協働で学校運営に努める。

2 学校課題
基礎的・基本的な内容をしっかり身につけ、新しい学習にその力を生かし、進んで学んでいこうとする子どもを育てる。
お互いの良さを認め尊重し、共に生きようとする意欲と実践力のある子どもを育てる。
健康や安全に気をつけ、困難なことも乗り越えていこうとするたくましい子どもを育てる。

3 教育目標
すすんで学ぶ子
こころ豊かな子
明るくたくましい子

4 努力目標
めあてを持って学ぶ子
思いやりのある子
運動に親しむ子

5 めざす学校像・子ども像・教師像
(1)学校像
子ども一人一人が生き生きと輝く学校
地域から信頼され、地域に親しまれる学校
(2)子ども像
自ら学ぶ意欲を持ち、主体的に行動できる子
温かな心情を持ち、鰹かな人間関係を作ることのできる子
(3)教師像
教職に対する強い情熱を持つ教師
教育の専門職としての確かな力量のある教師
総合的な人間力

6 経営の重点
(1)学級経営の充実
一人一人を見つめ、児童相互の関わり合いを大切にし、一人一人の特性を伸ばす、創意工夫ある経営に努める。
児童と児童、教師と児童の信頼関係を構築し、共感的な人間関係の育成に努める。
(2)心の教育の充実
教育活動全体を通して、豊かな心の育成に努める。
「道徳の時間」を確保し、指導すべき項目を確実に指導する。
(3)授業の充実
一人一人が課題を持って取り組み、確かな学力が定着できるよう授業の充実に努める。
指導のねらいを明確にし、個に応じたきめ細かな指導に努める。
(4)研修の充実
授業は教師の生命である。めざす子ども像の実現や指導力の向上のために、計画的・積極的な研修の推進に努める。
(5)生徒指導の充実
自己実現ができるよう、家庭や地域と連槐を図りながら、全校体制で心の結びつきを基調とした指導に努める。
日常の観察や教育相談等により、児童の内而理解を深め、積極的な生徒指導に努める。
(6)特別支援教育の充実
自立・社会参加ができるよう、通常学級との積極的な交流など、全校体制で支援に努める。
(7)学校・家庭・地域との連携の充実
「ともに育てる」視点に立ち、「開かれた学校づくり」に努める。
posted by 小泊管理人 at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学校の概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

児童数

平成22年9月8日現在

1年 男8 女13 計21
2年 男10 女8 計18
3年 男14 女19 計33
4年 男12 女15 計27
5年 男13 女7 計20
6年 男14 女7 計21
アカシア 男1   計1
ひまわり 男1   計1

合計 142名
posted by 小泊管理人 at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学校の概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

中泊町立小泊小学校ホームページ等運営規程

〔本規定のねらい〕
1 この規定は、中泊町立小泊小学校(以下「本校」という)におけるホームページ等運営に関し、必要な項目を定めるものとする。本校はホームページ等運営に際し、以下に定める規定に基づき、運用するものとする。

〔ホームページ等運営の基本〕
2 本校においてホームページ等を運営するにあたっては、児童および関係者の個人情報の保護に努めるとともに、児童の情報活用能力の育成を図り、開かれた学校づくりの推進、コミュニケーション能力の育成、総合的な学習の推進等、教育課題の解決に寄与するよう努めなければならない。

〔ホームページ等の主な運営形態〕
3 ホームページ等の主な運営形態は、つぎの各項に定めるものとする。
(1)ホームページ
特別活動や各教科及び総合的な学習での学習事項のまとめ等や学校行事を、学校のホームページで発信する。
(2)ブログ
校外活動や児童会活動、部活動の様子をブログでリアルタイムに発信する。
(3)ツイッター
ホームページやブログの更新状況をツイッターで発信する。

〔ホームページ等による情報発信〕
4 ホームページ等による情報発信については次の点に留意する。
(1)校長・教頭の指導のもと、情報教育担当を中心に、担任をはじめ広く職員と連携を図りながら内容を検討し発信する。(企画、構成、作成計画、著作権、肖像権の許諾)
(2)コンピュータに掲示される形で、作成者名(役職名)、作成年月日を記入する。
(3)作成したホームページ(ブログ)を学校通信、学級通信等を通じて保護者に知らせ、閲覧をうながす。
(4)公表するデータは著作権法に違反しないものに限定し、著作物の公開の際には著作権者の了解を得る。
(5)学校の著作権を主張する旨を明記する。また、作文や作品を公表する際、著作権を主張する旨を記す。
(6)児童が意欲と誇りをもてるようなホームページ(ブログ)作りに向け、教職員間の連携と児童への適切な支援に努める。
(7)児童の活動内容及び活動に要する時間等について十分考慮し計画的に進める。
〔個人情報の発信とその範囲〕
5 ホームページ等を利用して児童の個人情報を発信する場合は、本人の同意を前提としながら、教師の指導のもとに発信するものとする。

6 インターネットで発信する児童の個人情報の範囲は、次の各項に定めるところによる。
(1)氏名
原則としてフルネームは使わず、名前をひらがなで表記し名字は記さない。ただし、教育上必要がある場合には、校長の指導の下、保護者の同意を得てフルネームを使うことも可能とする。
(2)意見・主張等
児童の意見・考え・主張等については、教育上の効果が認められる場合においては発信することができる。
(3)写真
児童の写真を使う場合は、集合写真や縮小写真、画質低下、モザイク処理をするなど個人が特定できないよう配慮する。ただし、電子メール等で相手が特定される場合には、教育上の必要に応じて個人写真を使うことができる。
(4)その他
住所、電話番号、生年月日、趣味・特技、その他の個人情報は発信しないものとする。ただし電子メール等で相手が特定される場合には、必要に応じて、年齢、趣味、特技等の自己紹介程度の個人情報を発信することができる。この場合においても住所、電話番号、生年月日は発信しないものとする。

〔取り扱い責任者〕
7 本校のホームページ等に掲載された情報について、校長は責任を負う。
(1) 校長はホームページ等の運営の適正を図るため、別にホームページ等運営責任者(情報教育担当)をおくものとする。
(2) 取り扱い責任者は、本校職員の意見を取り入れながら、学校のホームページ等を作成する。

〔データの日常管理〕
8 データの日常管理については、次のように定める。
(1)登録データの日常管理者は、情報教育担当者とする。
(2)校長及び教頭は、日常的に不適切な情報が掲載されていないかをチェックする。

〔リンク〕
9 本校のホームページ等に対する他からのリンクは、教育目的のものは原則として自由とする。また、著作権表示を明確にし、ページの複製等については、本校校長の同意の上、認める旨をホームページ上に明記する。
10 本校のホームページ(ブログ)から他のページのリンクは、教育的効果を十分配慮し、設定するものとする。有害情報等が含まれると判断されたページヘのリンクは設定しない。

〔インターネット利用規程の見直し〕
11 学校教育におけるインターネット利用の進展に伴い 、この校内規程に示した事項の見直しが生じたときは、校内において十分な検討を経て、基準の見直しを行うものとする。

〔ホームべージ上での規定の明記〕
12 本規定を学校のホームページ(ブログ)上で、必ず明記するものとする。

〔その他〕
13 本規定は、平成22年4月1日から運用するものとする。

HPTIMAGE.jpg
posted by 小泊管理人 at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学校の概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

職員一覧

校長   近藤秀生  
教頭   鈴木直人  
1年担任 中島谷奏子 生徒指導部
2年担任 岡田節孝  生徒指導部
3年担任 北澤奈緒子 研修部
4年担任 齋藤幸雄  保健安全部
5年担任 今知義   生徒指導主任
6年担任 中谷美穗  研修主任
アカシア 藤田晴美  保健主事 特別支援コーディネーター
ひまわり 成田彩子  研修部
TT   三上恵子  教務部
教務主任 前多昌顕  教務部
養護教諭 斎藤秀子
栄養士  橋本恵美子 給食センター勤務
事務主任 三上由華子
生活支援 永坂眞澄
posted by 小泊管理人 at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学校の概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

沿革

沿 革

明治 7.10.1 小泊小学校創設(郷倉を校舎とし、会津藩士星野義信氏が教師となる)
13. 海満寺付属地を借用し(二階建てガラス窓付き)校舎新築
32. 5間に10間の二階建て校舎を(旧診療所付近)新築移転
35.4. 学級数4となり、小山内文司訓導校長に昇格し、初代校長となる。
45.6.20 小泊尋常高等小学校と改称(高等科併置修業年限2ヵ年とし、複式授業を行う)
大正 3.5. 第1回高等科卒業生 男10名 女3名
児童のトラコーマ治療にあたる。
13.10.1 創立50周年記念式典挙行
昭和 4.6.2 運動場整備(広はんグラウンドと命名)
従来の下前小との連合運動会を卖独で行う。
7. 校旗樹立式挙行
5.5.29 帽章制定
11.6.17 小泊小学校の位置を字砂山に移転決議
13.4. 新校舎に移転完了
10.30 大西一世氏奉安殿を寄贈
16.4. 小泊国民学校と改称
18.4.1 本校に通学の下前高等科生徒は下前高等科に移転
20.7.15 午前6時40分頃、米グラマン16機東方より来襲、本校舎を中心に爆撃、二階校舎全壊、その他の校舎も使用不可能なまでに破壊される。
22.4.1 校名を小泊小学校と改称
30.3. 校舎落成並びに80周年(昨年度延期)記念式典挙行
旧校舎6教室を改造移転、作法室を音楽室に改造
33.5.12 青山三造校長の学校葬を板柳町の生家で行う。
33.9. PTAが主体で簡易保険の団体加入を結成、手数料を90周年記念事業費に当てることにする。(目標額100万円で同月より活動開始)
35.2.1 創立86周年記念事業として、新しく校章・校旗制定する。
4.1 図書室と保健室を新設
38.8.23 ミルク給食実施
39.10.1 創立90周年記念事業式典挙行
41.11.3 国旗掲揚塔完成
12.8 給食施設・設備完成、完全給食実施
42.11.5 单校舎及び便所改築完成
44.3.31 東側校舎改築、鉄筋二階建て校舎6教室完成
45.5.1 校旗掲揚塔(グラウンド)阿部重組寄贈
47.11. 地域公衆衛生推進校として県知事表彰される。
48.7.1 新校舎(教室)完成 全学年移転完了
49.10. 環境整備有料団体としてPTAが郡表彰される。(北五学校保健会、教育事務所連名)
50.5. 百周年記念事業として花壇、観察池(PTA、商工青年部の奉仕)完成
52.3. 河川環境美化活動優良校として表彰される。(五所川原土木事務所)
52.5. 屋外体育用具物置完成
7. グラウンド整備・バックネット設置 学校給水上水道切り替え
52.8. ミニバスケット青森県大会で準優勝
53.7.28 プール及び付属施設完成落成式挙行
8.16 教室の旧ペチカ部分(6教室)改装工事完了
昭和53.12.19 特別教室等(4教室)増築完成
54.5.12 給食調理大型器具入れ替え
7.18 視聴覚室及び図書室整備
8. 廊下タイル張り替え 児童用便所水洗式に改築
11.9 学校給食優良校として表彰される。(県教育委員会)
12.1 体育館ステージにピアノを備える。
55.2. 交通安全推進優良団体としてPTAが表彰される。(金木交通安全協会、金木警察署連盟)
10. 非常口危険防止工事 体育館屋根塗装
56.6. プール全面塗装
8. 前庭通路舗装 通学路整備 築山完成
8. 健康優良校として表彰される。(北五学校保健会、西北教育事務所連名)
57.5. 体育館床塗装
7.12 体育館前舗装
9.9 ベルマークより教育用テレビ寄贈
10.26 校内ボイラー配管改修工事完了
10.30 電気式陶芸焼き釜設置
58.5.26 日本海中部地震による津波来襲、地域に大被害
59.6.10 創立110周年記念運動会
10.9 創立110周年記念式典 PTAよりビデオ・一輪車・遊具等寄贈
60.3. 交通安全推進優良団体としてPTAが表彰される。(金木交通安全協会、金木警察署連盟)
61.5.17 学童野球郡大会優勝
6.13 グラウンド校舎側土留工事
17 小泊ライオンズクラブより黄銅製校章寄贈
62.10.1 北五へき地複式教育研究大会開催
11.12 県警察音楽隊演奏会開催
63.3. 観光地美化清掃活動優良校として表彰される。(青森県知事)
8. 校舎屋根改修 水道管配管工事完了
10.5 文部省指定(昭和62〜63年度)「道徳教育協同推進校」公開研究会開催
平成 元.8. 校舎、教室、廊下の床張り替え
2.5. 環境整備優良団体として表彰される。(北五学校保健会、西北教育事務所連名)
7.16 家庭科室改修工事完了
3.6.6 図工室に机・椅子入荷
3.8.22 給食室拡張工事完了
4.2. 交通安全推進優良団体としてPTAが表彰される。(金木交通安全協会、金木警察署連盟)
5.8 県警察音楽隊演奏会開催
7. プール浄化装置フィルター交換
4.11.28 朝乃涛関十両昇進報告のため来校(昭和58年度卒業生)
5.7.12 尐年野球県大会出場(準決勝で敗退)
8.24 校内放送設備新機種に全面交換
10.12 体育館大改修終了 職員便所水洗化工事終了
5.12.25 ふれあい運動場完成(屋外運動場は「村へ移管」となる)
6.1.6 水道凍結防止工事終了(1階手洗い場、体育館手洗い場)
9.9 校舎の一部が小泊分校校舎となる。(移管)
9.27 第36回西北五学校保健研究大会開催
7.1.5 第1回小泊村小中学生海外体験研修(ATV友情の船)に5、6年16名参加
10.5 へき地スケート体験学習行う。(6年生)
平成 8.8.1 体育館に暗幕設置
10.1 「平成7・8年度文部省指定むし歯予防推進指定校研究発表会」開催
9.4.1 魅力ある学校づくり推進事業の指定を受ける。
5.26 岡本金蔵氏より電子ピアノ寄贈される。
7.14 プールフェンス取り替え完了
8.9 尐年野球県大会出場
8.22 中央廊下及び单側廊下壁塗装完了
10.22 学校給食優良校として県教育委員会より表彰される。
11.13 交通死亡事故『0』6500日達成記念式典において表彰される。
10.2.7 体育館に校歌額取り付け
7.9 「すくすくこどまり交通尐年団」結団式を行う。
8.7 体育館ステージ幕取り替え完了
9.3 管理棟東階段漏水修繕工事完了
11.3.18 交通死亡事故『0』7000日達成記念式典において表彰される。
4.26 「豊かな心をはぐぐむための幼小連携事業」実施校の指定を受ける。
6.21 体育館玄関修繕工事完了
12.7.6 プール改修工事が終了する。
7.31 交通死亡事故『0』7500日達成記念式典において表彰される。
8.21 单校舎階段非常口改修工事が完了する。
13.4.13 給食室畳の取り替えが完了する。
7.30 給食室水道工事が完了する。
8.9 パソコン室改修工事及びパソコン設置作業が完了する。
8.31 図書室移動、改修工事が完了する。
10.17 正面玄関にインターホンを取り付ける。
14.12.18 パソコンのインターネットを(役場経由で)設定する。
15.3.6 プール配水管工事が完了する。
3.14 浄化槽工事が完了する。
4.28 給食室の回転釜を交換する。
5.9 防火扉を修理する。
6.6 給食室の牛乳用冷蔵庫を修理する。
11.28 体育館側トイレの浄化槽のコンプレッサーを交換する。
16.5.29 創立130周年記念鼓笛パレードを村内中心部において行う。
5.30 創立130周年記念運動会
8.28 西北五小学校卓球選手権大会で男子団体優勝
10.22 創立百三十周年記念学習発表会
11.2 優良PTAとして表彰される。(県教育長・県PTA連合会会長)
17.3.4 中里町との町村合併に伴い、電算決済システムを導入
3.10 小泊村閉村式典挙行
3.11 創立130周年記念文集発行
3.16 パソコン室のインターネットをADSLで設定する。
3. 28 中里町との町村合併に伴い、校名を「中泊町立小泊小学校」と変更する。
6.29 プール入口柵修理
9.26 プール水漏れ箇所補修工事
10.18 ポスタープリンタ設置
18.1.22 校内LAN工事
2.20 イントラネット工事
平成18.2.21 パトロール110番Box設置
3.29 体育館放送機交換
4.1 中泊町立小泊小学校と中泊町立下前小学校が統合し、校名を「中泊町立小泊小学校」とする。
4.21 パソコン室のパソコンをXPに設定変更する。
4.28 2年・3年教室のサッシ窓枠修理
5.12 給食室の冷蔵庫交換(旧下前小学校から)
5.22 給食室の保管機修理
6.12 保健室のストーブ交換(旧下前小学校から)
7.20 管理棟西階段の煙感知器交換
9.11 校舎耐震度順位調査を実施する。
11.23 水道メーター交換
19.1.12 体育館渡り廊下防火扉のドアノブ交換
2.12 屋外電柱の避雷器交換
3.2 職員女子トイレ浄化槽モーター交換
3.29 中泊町防災無線受信機取り付け工事
4.4 普通教室・特別教室出入口の引き戸窓ガラスを透明ガラスに交換
4.12 玄関前階段・音楽室非常口階段補修工事
4.13 音楽室カーテン交換
12.13 職員室用ノート型パソコン6台設置及びランケーブル配線
12.20 各学級にパソコン設置(8台)
20.2.15 保健室湯沸し器交換(旧下前小学校から)
3.28 金木高等学校小泊分校校舎の引き戸移設工事
4.1 金木高等学校小泊分校閉校により、分校校舎が本校に移管される。
9.25 AED設置
10.8 校舎耐震調査
12.4 体育館トイレ浄化槽配管修理
21.1.30 コピー機交換
2. 1 MOA美術館全国児童作品展において文部科学大臣奨励賞学校奨励賞受賞
2.20 給食配膳室の搬入口(新学校給食センター対応)工事完了
4.30 自校給食終了
5.11 新学校給食センターによる給食開始
7.27 給食室LPガス管撤去
8.7 耐震補強調査
10.2 給食配送車搬入口改修工事
12.3 2階児童用トイレ、体育館トイレ一部洋式化改修工事完了(4基)
22.1.5 パソコン[Windows7]設置〈学校情報通信技術環境整備事業〉
(コンピュータ室・普通教室・職員室PC 54台、プリンタ3台)
1.21 地デジチューナー設置(10台)
1.24 青森県スポーツ尐年団フェスティバルバレーボール競技で準優勝

PDF版はこちらをクリック
posted by 小泊管理人 at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学校の概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

校歌

kouka.jpg
posted by 小泊管理人 at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学校の概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

校章

kousyou.jpg

(昭和35年2月1日制定)

 3枚のアカシアの葉の拡大図の頂点は、自主性、合理性、協力性を表し、その外郭に海岸の砂浜に打ち寄せる波頭を配して正義感を表現しています。また、地は紫を配して明朗を意味し、本港の子どもの人間像を象徴しています。
posted by 小泊管理人 at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学校の概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。